面白い街が代官山です。

東横線の終点の渋谷駅の1つ前にある駅が代官山です。

この街はファッション面でもグルメな面でも知られた町で、多くのセレブが訪れる場所としても知られています。

ファッションは、古着からアンティークな服、そして高級なファッションと、色々なタイプの服が売っていますが、代官山のファッションは、シンプルでさわやかな物が特徴です。お隣渋谷のファッションとは大きく異なります。

そして、グルメの面では、おにぎり屋さんから世界各国のご飯、そして、何よりもお菓子やパンのお店が多く、どのお店も有名でおいしいとされています。

チョットお店に入って色々とお店の中を散策するだけでもかなりおしゃれな気持ちになれますし、面白い街が代官山です。

譲れない私の部屋探し

私はこれまで引越を3回しています。見た目や間取りは全て違ったのですが…
それでも私が部屋を探すときに大事にしている(譲れない)ポイントは、3つあります。

まず1つめのポイントは『通勤時間1時間圏内』です。
同じような条件で部屋探しをしてる方も多いと思いますが、やはり社会人として仕事とプライベートを両立させるために、会社に近すぎるのもスイッチの切り替えが出来ないし、遠すぎても通勤時間が苦になってしまうので、1時間圏内が私の中でちょうど良い距離感なので、ポイントになっています。

次に2つめのポイントは『駅から徒歩10分以内』です。
これは1つめのポイントとも繋がりますが、電車に乗っている時間が1時間だったとして、それに加えて駅から10分以上の距離だと結果的に時間がかかるので、できるだけ駅近の物件を探すようにしています。

最後に3つめのポイントは『フロ・トイレ別』です。
これはわがままな条件なのですが、フロはシャワーで済ますことも多いですが、ゆっくり湯船に浸かりたいので、横にトイレがあるとなんとなく落ち着かないので私にとっては部屋探しの大事なポイントになっています。

他にも条件をあげたらキリがないですが、動物を飼っている私にとってはペット可の賃貸であれば、ある程度の部分は妥協できてしまうので、以上が私の部屋探しの大事にしているポイントです。

上手に賃貸マンション暮らし

私の考える賃貸マンションの一番のメリットは、ライフスタイルに合わせて移り住む事が出来る所です。

私の実家は父が若い頃に東松山で新築一戸建てを買っていたの一軒家です。長い間ローンを払ってきたのに、完済の時には建物は老朽化し修繕費用が必要になり、子供も自立し高齢になってきた両親には家の管理が大変な様で、賃貸マンションへの引っ越しも考えています。

その姿を見ていると賃貸マンションであれば、その時の年齢や家族構成で部屋の間取りや住環境を選ぶ事が出来るし、無理のない費用で生活できると思います。家族と一緒に暮らしたくても、持ち家がある事でその後の管理や処理が大変になってくる事もありますが、賃貸マンションであれば条件の選択肢も広がると思います。